最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

東京都民の皆さ~ん、●●ドンが飛んでくるから至急避難して下さい!

20070831

【Asahi.com2007年08月31日】
迎撃ミサイル、代々木公園などで展開検討 9月にも訓練

 防衛省が、国内で初めて航空自衛隊入間基地(埼玉県)に配備した弾道ミサイル防衛(BMD)のための地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)について、部隊の展開先として東京都内の自衛隊駐屯地のほか、代々木公園(渋谷区)などの緑地公園を検討していることがわかった。早ければ9月中にも移動・展開訓練を実施したい考えだ。

防護施設と部隊展開の候補地

 PAC3は、日本に向けて発射された弾道ミサイルを高度十数キロで迎撃する移動式の地対空ミサイル。首都圏防衛のために、今年3月に空自入間基地に初配備された。PAC3の最大射程は半径約20キロとされており、首相官邸や国会、中央省庁など首都中枢を防護するには都内の適切な場所にPAC3の部隊を移動・展開させる必要がある。

 展開先の周囲に、高層ビルなどの遮蔽(しゃへい)物があると、弾道ミサイル追尾のためのレーダーが有効に働かないなど迎撃の支障となることから、「展開場所は比較的面積の広い公有地が必要になる」(防衛省幹部)という。同省は陸上自衛隊の市ケ谷駐屯地(新宿区)や練馬駐屯地(練馬区)のほか、代々木公園や晴海ふ頭公園(中央区)といった緑地公園など複数の候補地を念頭に、展開先の検討を本格化させている。

 同省は、有事の際の部隊展開にかかる時間や、通信状態などを確認するため、入間基地からの移動・展開の訓練を9月中にも実施することを検討している。ただ緑地公園で展開訓練をするには公園を管理する東京都などの許可が必要になるため、今後の協議で協力を求める方針だ。

2007年8月28日 (火)

人心一新 びっくり箱

20070828

ご本人の総理大臣辞任の発表サプライズがあると

期待していましたが・・。NO!と言われた人がその

まま居直って組閣するって、どういうこと!?理解

できませ~ん。

●「きまぐれな日々」さんのブログ↓

http://caprice.blog63.fc2.com/blog-date-20070828.html

2007年8月25日 (土)

マダム寿ッシーVSヤメンゾー君

20070825_2

●「反戦老年委員会」さんのブログ ↓

http://masima-ik.mo-blog.jp/rhi/2007/08/post_44ff.html

●「日本がアブナイ!」さんのブログ ↓

http://mewrun7.exblog.jp/6342355/

【共同通信2007.08.24】=================================================
小池防衛相“退任表明”「私は辞めるって言ってるのよ」

 ニューデリーで記者団に対しイージス艦中枢情報流出事件に触れ「防衛省内で誰も責任を取っていない。私は責任を取りたい」と述べ、27日予定の内閣改造で続投を希望しない意向を表明。「新しい大臣に任せたい。任せられる人を(首相に)選んでいただきたい」といい、退出の際は不敵な笑みを浮かべ「私は辞めるって言ってるのよ。分かる?」と強調した。

 情報流出事件は小池氏が防衛相就任前に起きており「その責任を取るのは理解できない」(中谷元・元防衛庁長官)。自民党内では事務次官人事をめぐる混乱で小池氏が続投困難とみて「安倍晋三首相に交代させられる前に先手を打ったのではないか」(閣僚経験者)との見方が広がった。

 官邸筋は「責任を取ると言うなら情報流出しないような態勢を作ってから辞めろ。これでは責任を取ることにならない」と不快感を示す。一方で若手議員からは「安倍首相に三くだり半を突きつけた形。政界遊泳術にたけているのはさすがだ」との声も聞かれた。

 内閣改造では小池氏の去就が注目されていた。安倍首相は同日、クアラルンプールで記者団と懇談し「(19日に)外遊に出るに際し基本的な人事構想の考えをまとめた」と述べ、既に概要を固めていることを明かした。

2007年8月24日 (金)

原発、安全に自信あり!・・まさかぁ?

20070824

地震波と自信波が一致しちゃったですかねぇ。

地震国でいちばん自信過剰で目が見えなくなっちゃった人がですねぇ。

【Asahi.com2007年08月23日20時44分】========================================================
原発の定期検査間隔、13カ月から最長2年に延長へ

 経済産業省は23日、原発を一律13カ月ごとに止めて定期検査する現行制度を改め、最長2年にできる新制度を総合資源エネルギー調査会の検討会に提案した。来年4月から導入する方針だ。原発の稼働率向上につながる電力会社の長年の悲願で、二酸化炭素の排出削減効果が期待されるが、地元自治体には「安全が保たれるのか」との懸念も根強い。

 経産省の原子力安全・保安院によると、各原発の機器ごとの寿命を調べて保全計画書を提出するよう電力会社に求める。国はその計画書に基づいて安全上問題ないかを評価し、13、18、24カ月の3段階で次の定検までの期間を判断する。

 来年4月の制度改正以降、この保全計画の実施状況によって差をつけ、段階的に延長する。実際に間隔2年の原発が出てくるのは、6、7年後とみている。

 保安院は、原発の新旧や保守点検の良しあしに関係なく一律に停止して点検するのは根拠が薄いとしている。2年間連続運転しても安全上問題ないと日本機械学会が評価した結果を踏まえて、新制度導入を決めた。

 12カ月と18カ月の定検間隔があるフランスや、24カ月連続運転が認められている米国では、連続運転がその程度延びても故障による停止件数は変わらないとのデータがあるという。

 また、原子炉が運転中でも点検できるポンプなどの運転中点検を認め、定検への作業集中を緩和する。稼働率向上や、検査合理化による作業員の被曝(ひばく)を減らす効果が期待できるとして、電力会社が望んでいた。

 一方、全国原子力発電所所在市町村協議会長の河瀬一治・福井県敦賀市長は7月の国の検討会で「稼働率向上が優先されて安全に影響が出るのではないか。安全性が向上すると国が主張する根拠をわかりやすく示してほしい」と求めている。

2007年8月22日 (水)

インド洋上で補給されているオイルの行き先は・・?

20070822

【東京新聞2007年8月22日 朝刊】====================================================================
経費220億円 成果は不明 政府『機密』盾に説明避ける

 テロ特措法はアフガンでのテロ掃討作戦の後方支援を目的に、二〇〇一年十月、成立した。海上自衛隊がインド洋で米艦船などへの給油を行っており、「日米同盟の象徴」(防衛省幹部)という。ただ、約六年間に及ぶ活動の実態や成果は不透明だ。

 七月二十六日現在の実績は、米、英、パキスタンなど十一カ国の艦船に七百六十九回、約四十八万キロリットルの燃料を給油。艦船搭載ヘリコプター用燃料を六十四回、約九百四十キロリットル、水を百十三回、約六千百七十トンそれぞれ補給している。総経費は約二百二十億円に上る。

 海自から補給を受けた米艦船などは、インド洋でテロリストの移動や武器の流通・拡散の阻止活動に従事しているという。

 防衛省幹部は「テロとの戦いを後方支援することは、国際貢献と日米同盟の強化につながる」と評価してきた。

 しかし、日本の支援が具体的にどのような成果を挙げているか説明を求める民主党に対し、政府は「軍事的機密」を理由に詳細な説明を避けてきた。

 民主党はこうした政府の情報開示についても「どういう国のどういう船に燃料が供給されているのか。本当にアフガンのみなのか。あるいはイラン、イラク方面への船にまで給油しているのか」(鳩山由紀夫幹事長)と疑念を呈し、反対理由の一つに挙げている。

2007年8月21日 (火)

私のための内閣、只今人選中・・

20070821

【東京新聞2007年8月20日 朝刊】=========================================
首相『27日に内閣改造』

 安倍首相は十九日、内閣改造・自民党役員人事を二十七日に行うことを明言した。

 アジア三カ国歴訪の出発に先立ち、首相公邸で記者団が「二十七日に決めたのか」と質問したのに対し「基本的にはそういう方向で考えていきたいと思っている」と答えた。

 首相は人選については「今、熟慮しながらだんだん固めているところだ。いろんな観点を加味しながらよく考えていきたい」と述べた。

2007年8月18日 (土)

インド洋上の小池防衛相・・

20070818

●「日本がアブナイ!」さんのブログ

http://mewrun7.exblog.jp/6300619/

【Asahi.com2007年08月17日17時04分】=========================================
新防衛次官に生え抜き増田氏 小池氏と守屋氏、痛み分け

 政府は17日、人事検討会議を開き、混乱が続いていた防衛省の事務次官人事について、守屋武昌次官(62)を退任させ、後任に増田好平人事教育局長(56)を起用する人事を内定した。内閣改造後の28日の閣議で正式決定する。小池防衛相が内定した警察庁出身の西川徹矢官房長の昇格と、守屋氏が推していた山崎信之郎運用企画局長の昇格はいずれも見送られた。ただ、小池氏の省内での求心力低下は避けられず、内閣改造後の去就が今後の焦点だ。

 次官人事をめぐる小池氏と守屋氏の対立は官邸を巻き込み、いったんは27日に行われる内閣改造後に新防衛相が決めることで事態の収拾を図った。しかし、混乱が続くことによる安倍政権への影響を懸念し、官邸が早期収拾を決断した。

 増田氏は1975年、防衛庁入庁。防衛局防衛政策課長や、内閣審議官、防衛参事官などを経て現職。

【時事通信2007/08/15-17:19】===============================================
小池防衛相、21日から印パ訪問へ
 小池百合子防衛相は21日から5日間の日程で、パキスタンとインドを訪問する。防衛省が15日発表した。小池氏は防衛事務次官の人事問題を抱えたままの外遊となるが、27日に予定される内閣改造に向けて存在感を示す狙いがありそうだ。
 小池氏はパキスタンのムシャラフ大統領を表敬するほか、両国の政府要人と会談する。海上自衛隊はテロ対策特別措置法に基づき、インド洋上でパキスタン艦艇にも給油支援しており、11月1日で期限切れとなる同法延長問題についても意見交換する予定だ。

2007年8月16日 (木)

ヨッ 高市少子化担当相、閣僚で一人のみ靖国参拝

20070815

目立ってますねぇ、高市早苗さん!百合子さんにも負けまへんでぇ。

【産経新聞8月15日】 ==================================
高市少子化担当相が靖国神社参拝

 高市早苗少子化担当相は終戦記念日の15日午後、東京・九段北の靖国神社に参拝した。
 安倍晋三首相とほかの閣僚は政治信条や日程上の都合を理由に参拝見送りを表明していたが、高市氏は午前の記者会見で「私は1人の日本人として国会議員として、現在は閣僚だが、折に触れてたった1つの大切な命を国家のためにささげられた方々に感謝の思いをささげたいし、その御霊が安らかであるようお祈りしたいと思っている」と説明。さらに、「閣僚が靖国神社に行くことを外交問題にしてしまう勢力があることを残念に思う」としていた。

2007年8月15日 (水)

安倍首相、心のパル(友)の墓参にインド外遊・・

20070815

A 「パルさん、東條さんやぼくのじいちゃん岸信介の無罪を主張してくれてアリガトウ!」

P「私は戦勝国による軍事裁判に異を唱えたのであって、戦犯者を免罪したわけじゃありませんよ。トットとお帰んなさい!」

★とむ丸さんも気にかけています →http://pokoapokotom.blog79.fc2.com/blog-date-20070815.html

【Asahi.com2007年08月14日18時51分】=======================================
東京裁判のパル判事の遺族と面会へ 安倍首相が表明

 安倍首相は14日、今月下旬のインド訪問の際、極東国際軍事裁判(東京裁判)のパル判事の遺族と面会する予定を明らかにし、「パル判事は日本とゆかりのある方。お父様のお話などをお伺いできることを楽しみにしている」と述べた。官邸で記者団の質問に答えた。

 パル氏は連合国側の判事として唯一、東条英機元首相らA級戦犯全員の無罪を主張した。この点について「面会はアジア諸国を刺激するのでは」と記者団に聞かれると、首相は「いや、そんなことにはならないと思いますね」と語った。

2007年8月13日 (月)

私は日本のLiceです・・

20070813

「日本がアブナイ!」さんのブログ↓

http://mewrun7.exblog.jp/6268141/

「雑談日記(徒然なるままに、。)」のブログ

http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2007/08/post_2a6f.html

「SHINAKOSAN IS OKINAWAN」さんのブログ

http://shinakosan.ti-da.net/e1697758.html

2007年8月12日 (日)

ヒゲの駆けつけ警護隊長、参上!

20070812

【asahi.com2007年08月11日07時17分】
駆けつけ警護に容認論 集団的自衛権、有識者懇で大勢

 政府が憲法解釈で禁じる集団的自衛権の行使について議論する有識者の「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(座長・柳井俊二前駐米大使)が10日、首相官邸で開かれた。海外に派遣された自衛隊が、共に活動する外国軍が襲われた際に援護に向かう「駆けつけ警護」について、国際的常識で容認すべきとの意見が大勢を占めた。

 駆けつけ警護は、安倍首相が同懇談会に「憲法との関係の整理」を諮問した4類型の一つ。首相はあいさつで「国際的な平和活動に一層積極的に関与することが必要だ。他国と共通の基準をふまえないと効果的な活動を行えない」と述べ、必要性を強調した。

 政府は国連平和維持活動(PKO)協力法やテロ特措法、イラク特措法で、武器使用を自身や同じ場所の隊員、宿営地を訪れた他国部隊や国連関係者などの防護に限定。離れた所への「駆けつけ警護」は集団的自衛権の行使と関係はないが、憲法が禁じた海外での武力行使につながりかねないとして認めていない。

 これに対し委員からは「憲法解釈と国際社会の現状の整合性をとるべきだ」「国際平和活動では他国軍との信頼関係が不可欠。自衛隊に自己防衛しか認めないのは非常識だ」などの発言が出た。

 政府は自衛隊の海外活動に関する一般法(恒久法)を検討中で、自民党からは「駆けつけ警護」を盛り込むべきだとの提言も昨年に出ている。

------------------------------------------------

●「情報流通促進計画byヤメ記者弁護士」さんのブログ

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/m/200708

●「天木直人」のブログ

http://www.amakiblog.com/archives/2007/08/12/

●「アッテンボローの雑記帳」さんのブログ

http://rounin40.cocolog-nifty.com/attenborow/2007/08/post.html

●「タカマサのきまぐれ時評」さんのブログ

http://tactac.blog.drecom.jp/archive/1978

2007年8月10日 (金)

民主、法案ぞくぞく提出へ・・次はこれか?

20070810

【テレビ東京 - 2007年8月8日】
小沢氏 米大使要請を拒否
民主党の小沢代表は、アメリカのシーファー駐日大使と会談しました。シーファー大使は、11月1日に期限が切れる「テロ対策特別措置法」の延長に理解を求めましたが、小沢代表は拒否しました。
会談でシーファー大使は、インド洋で海上自衛隊がアメリカなどの艦船に給油活動をするためのテロ特措法について、期限の延長に理解を求めました。これに対し小沢代表は「インド洋でのアメリカを中心とした活動は国連安全保障理事会の承認を直接的に得ていない」などとして、これを拒否しました。シーファー大使は「機密情報を含め、どんなものでも提供する準備がある」と述べましたが、議論は平行線をたどりました。小沢代表がテロ特措法の延長に反対する姿勢を改めて明確にしたことで、政府・与党は難しい対応を迫られそうです。

【東京新聞2007年8月9日 19時15分】
民主が年金流用禁止法案 野党3党で「郵政」凍結も

 民主党は9日、年金保険料の使途を年金給付に限定するための「年金保険料流用禁止法案(国民年金法・厚生年金保険法改正案)」を会派単独で、郵政民営化の実施を1年間凍結する「郵政民営化法改正案」を社民、国民新両党と共同で、それぞれ参院に提出した。民主党など野党は過半数を占める参院で党の方針に基づいた法案を可決、衆院に送付することで党の政策や与党との違いをアピールする考えで、両法案は最初のケース。 ただ、与党は両法案の提出に反発、継続審議に同意しないとみられ、今国会では審議入りしないまま、10日の最終日に廃案となる見通し。野党側は秋の臨時国会で同じ法案を再提出し、本格審議を目指す。

 民主党の福山哲郎参院政審会長は記者会見で、流用禁止法案に関し「保険料の無駄遣いに対する怒りが参院選で出た。無駄をなくす一歩にしたい」と強調。郵政民営化法改正案については「民営化で過疎地、離島のサービスが低下し格差が拡大する」などと述べた。

2007年8月 8日 (水)

前原くん、いよいよ自民党へ?

20070808

安倍くんバッシングを見かねて、前原くんいよいよ決断か。

2007年8月 7日 (火)

そんなら解釈改憲で!

20070807

【asahi.com2007年08月07日】

参院「改憲派」、3分の2を割る 3年後の発議に壁
 7日召集の臨時国会に登院する参院選の当選者のうち憲法改正に賛成なのは48%と半数を割っていることが、朝日新聞社と東京大学の共同調査で明らかになった。非改選を合わせた新勢力でも53%。政治家の意識を調べるこうした共同調査は03年の衆院選以降、国政選挙のたびに実施してきたが、改憲賛成派が憲法改正の発議に必要な3分の2を割り込んだのは初めて。また、最大の焦点である9条改正については当選者の26%が賛成で、反対は54%。新勢力全体でも賛成31%、反対50%だった。

両院の議員は憲法改正賛成?反対?
 憲法改正の発議には憲法96条の規定で、衆参各院で3分の2以上の賛成が必要。5月に成立した国民投票法では、施行までの3年間は改憲原案の提出・審議ができないが、新議員は6年の任期の間に、憲政史上で初めて憲法改正の発議にかかわる可能性がある。

 安倍首相は参院選の惨敗後も記者会見で引き続き改憲に意欲を見せている。しかし、自民党内からも「優先順位を取り違えている。それどころではないというのが民意だ」(三役経験者)といった声が上がっている。世論をめぐるこうした受け止めに加え、新議員の政治意識をみる限り、首相が目指す2010年の憲法改正発議への道のりは険しそうだ。

 <以下略>

2007年8月 5日 (日)

岸DNAドリンクを飲んで頑張るぞ

20070805dna

2007年8月 3日 (金)

五つ目の首・・

20070802

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »