最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 安倍犬がNO・・! | トップページ | 安倍さん、ホットラインで訪米事前根回し・・ »

2007年4月 2日 (月)

金、紙飛行機でチョイト偵察してみっか!・・

20070402

○「日本独自迎撃能力があるんだって!」

△「日本独自って、要するに米軍の援護を受けずに日本防衛できるってこと・・?」

○「どうかな、それだったら日米軍事同盟を解消できるけど、解消はお互い困るでしょ。PAC3の実弾は米国からの輸入、その他の装備はライセンスを受けて三菱重工あたりが製造しているらしいけど・・」

△「迎撃能力だって、防衛範囲はたったの半径20kmだっていうじゃん。日本の海岸線っ  て約3万4千キロあるっていうから、凸凹をならして約3万キロ。これを直径40kmで割ると・・PAC3が何台必要か、小学生でも答えは出るよね!」

○「まぁいいじゃん、今回はとりあえず首都防衛のためだって言うからさ。でも命中率は?教えてよ、防衛省さん・・」

【朝日新聞2007年03月30日】==========================================
「PAC3」、入間基地に初配備 日本、独自の迎撃能力

 弾道ミサイル防衛(BMD)のための地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)の装備品が30日早朝、航空自衛隊入間基地(埼玉県)に搬入された。10年度末までに全国計16の空自高射隊に導入されるPAC3の最初の配備で、首都防空の役割を担う。日本は独自の迎撃能力を初めて持つことになる。

 PAC3は、海上のイージス艦からの迎撃ミサイルSM3が上層の大気圏外で弾道ミサイルを撃ち漏らした場合、下層で地上から迎撃する。装備は移動可能で、防護範囲は半径約20キロとされる。

 発射機やレーダー装置、射撃管制装置などの装備品は三菱重工業名古屋誘導推進システム製作所(愛知県)からトラックで出発し、30日午前5時ごろ、入間基地に運び込まれた。

 PAC3システムは入間を含め、10年度末までに首都圏、中京・京阪神地区、北九州地区などいずれも人口が多い大都市周辺の計16の空自高射隊に配備される。

 日本のBMD構想ではPAC3のほか、11年度末までに全国4カ所に新型レーダー「FPS―5」を整備、「FPS―3改」レーダー7機の能力を向上させ、SM3を搭載する海自イージス艦4隻を配備する計画。

 昨年7月の北朝鮮によるミサイル発射を受け、防衛省は07年度末の完成予定だった1隻目のイージス艦のBMD対応型への改修を約3カ月早めるなど、計画全体の前倒しの検討を続けている。

« 安倍犬がNO・・! | トップページ | 安倍さん、ホットラインで訪米事前根回し・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133195/5951633

この記事へのトラックバック一覧です: 金、紙飛行機でチョイト偵察してみっか!・・:

« 安倍犬がNO・・! | トップページ | 安倍さん、ホットラインで訪米事前根回し・・ »