最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ブッシュからの祝電・・・ | トップページ | 民主の墓堀人・・・? »

2007年1月19日 (金)

上潮丸・・・波高し。

20070119agesiomaru

呉越同舟じゃないの・・・?

福井さん、ここは自分の金勘定してないで、日銀の独立性を守ってよ。

【東京新聞20070119】==============================================
日銀、政治圧力に屈服?急転2度 揺らぐ信認
 日銀は十八日の金融政策決定会合で追加利上げを見送った。事前に政府・与党から強いけん制や反対論が続出していただけに、「日銀が政治の圧力に屈した」との観測さえ広がり、金融政策に対する信認が大きく揺らぎ始めた。一方、審議委員三人が“反旗”を翻して利上げを提案したことも判明。今後の利上げには不透明感が増すばかりで、福井俊彦総裁は一層難しいかじ取りを迫られることになった。 (経済部・鈴木宏征)

■立ち往生

 「経済・物価情勢以外の判断が入り込む余地はない」。福井総裁は十八日午後の記者会見で、「政治サイドの圧力に配慮したとの見方がある」との質問にきっぱりと否定。「日銀が事前に、利上げ見送りを政府側に非公式に伝えていた」との一部報道についても「全くの事実無根」と語気を荒らげた。

 だが、市場の受け止め方は違う。第一生命経済研究所の熊野英生主席エコノミストは「政府・与党の強いけん制に、日銀は強行突破した場合のリスクを恐れて立ち往生した」と言い切る。

 実は、現在の政府・与党では“日銀包囲網”ともいえるほど利上げ反対派が目立つ。昨年の量的緩和解除やゼロ金利解除の際に、日銀への「援護発言」を繰り返した与謝野馨前経済財政担当相が安倍政権発足に伴って閣外へ。代わって中川秀直自民党幹事長らが、日銀法改正までちらつかせて露骨なけん制を続けた。

 熊野氏は「安倍政権下では、小泉前政権時代と違って日銀に政策判断の自主性が乏しいことが明確になった。参院選後の八月まで利上げは困難ではないか」と見通す。

<以下略>

« ブッシュからの祝電・・・ | トップページ | 民主の墓堀人・・・? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133195/5009270

この記事へのトラックバック一覧です: 上潮丸・・・波高し。:

« ブッシュからの祝電・・・ | トップページ | 民主の墓堀人・・・? »