最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 放射性物質 見つかったって…よかったネ | トップページ | 太郎くんのご趣味は…? »

2006年10月19日 (木)

中川さんの好物は…牛丼と…

20061019

中川昭一自民党政調会長さんは、たしか前農水大臣、

BSE米国牛肉の輸入にも奔走されましたなぁ。

【中国新聞2006.10.17】
=社説=
「核保有論議」発言 衣の下によろい見えた 

 北朝鮮の暴走を抑えようと国際社会が懸命になっているとき、あまりに軽率というほかない。自民党の中川昭一政調会長である。「憲法でも禁止されていない」などとして、日本の核保有について議論が必要との認識を示した。 核実験実施を発表した北朝鮮に対し、国連安全保障理事会は制裁決議を全会一致でスピード採択した。根底には核拡散防止条約(NPT)体制破たんの懸念がある。議論の過程で日本の核武装を危ぶむ声も聞こえたが、大半の国民は非現実的と受け流したはずだ。

 そこへ中川発言である。「やればやり返すという議論はあり得る」と言う。核兵器で体制を守ろうとしている国に政策転換を促す論理には、ほど遠い。 核兵器による報復の連鎖は、人類の滅亡につながる。唯一の被爆国である日本に必要なのは、核保有についての議論ではない。核は国を守るためには無意味なばかりか人類にとって大きな脅威だと、体験に基づき世界に向けて訴え続ける努力である。

 与党政調会長の発言としての影響を考えれば、あまりにも危険である。国内外に誤解を招くばかりだ。きのうになって自らを核武装反対論者と強調。「核を持たずにどういう対抗措置ができるのか真剣に考えなければならない」などと釈明に追われているようだが、衣の下によろいが見えてしまう。

 歴史教育を自虐的と批判するなど、中川政調会長はタカ派的な言動を重ねてきた。同じような発言の目立った安倍晋三首相は就任後に持論を修正し、「植民地支配と侵略」を明記した戦後五十年の村山富市首相談話などを踏襲すると表明した。 きのうも安倍首相は非核三原則の堅持を強調した。しかし中川政調会長を登用したのは、党総裁としての安倍首相である。執行部に首相の真意は浸透しているのだろうか。閣僚でなく党幹部だからと放置するわけにはいくまい。

« 放射性物質 見つかったって…よかったネ | トップページ | 太郎くんのご趣味は…? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133195/3882842

この記事へのトラックバック一覧です: 中川さんの好物は…牛丼と…:

« 放射性物質 見つかったって…よかったネ | トップページ | 太郎くんのご趣味は…? »