最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« あんしん保険付き牛丼発売 | トップページ | 天誅くだるか… »

2006年9月19日 (火)

新列島風景・隆起と沈没

20060919

日本列島の地殻変動により都市圏と地方との格差はますます拡大するものと

予測されます By Seiji Kaikaku

【ライブドア・ニュース2006.9.19】↓ =========================================

地価 3大都市圏上昇
 国土交通省は、19日、2006年の基準地価を発表しました。発表によると、東京や大阪、名古屋の3大都市圏で、16年ぶりに地価が上昇しました。

 2006年の基準地価は、7月1日時点のもので、東京や大阪、名古屋の3大都市圏の平均では、住宅地が、0.4%、商業地が、3.6%、それぞれ16年ぶりに上昇しました。これら都心部の地価水準を、過去の地価水準と比較すると、住宅地は、おおむね昭和50年代半ば、商業地は、おおむね昭和52年以前の水準となりました。

 一方、地方圏の平均は、住宅地が、3.1%、商業地が、4.3%、それぞれ下落となりましたが、前の年よりも下落幅は縮小しました。

 また、全国平均は、住宅地が2.3%、商業地が2.1%、それぞれ下落となりました。
 
 国土交通省は、今回の地価動向について、総じて見れば、下落傾向が継続しているものの、3大都市圏や地方の中心都市の都心部を中心に、地価の持ち直し傾向がより鮮明になったとしています。

« あんしん保険付き牛丼発売 | トップページ | 天誅くだるか… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133195/3509909

この記事へのトラックバック一覧です: 新列島風景・隆起と沈没:

« あんしん保険付き牛丼発売 | トップページ | 天誅くだるか… »