最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Abe式・再チャレンジプラン | トップページ | ブッシュVS金 ヤミ取引成立? »

2006年8月31日 (木)

負け戦さ あえて立候補

060831_1

いざ開戦!

負けてもともと アドバルン揚げりゃ 知事選はこっちのもの

【東京新聞 2006.8.31】より ↓
五輪『日本代表』に東京 世界戦勝利道険し

 二〇一六年の夏季五輪の国内候補地争いは三十日、東京都が福岡市に競り勝って決着した。ただ、この日は国際的な招致競争のスタートラインについたにすぎない。〇八年の北京からわずか八年後の大会を再びアジアに招致できるのか、道のりは険しい。持ち前の知名度と財政基盤で、国内競争は勝ち抜いた東京だが、今後、世界の各都市と競うには、いかに独自性を打ち出せるかが鍵となる。 (運動部・栗田晃)

■知名度

 「(開催を実現できる)リアリティーを踏まえないと。『絵に描いたもち』は言い過ぎだけど、設計図だけなら誰でも描く」。国内候補都市に選ばれた後の会見で、石原慎太郎・東京都知事は福岡との差を誇らしげに強調した。

 日本オリンピック委員会(JOC)の評価委員会が投票の参考にまとめた評価報告書でも、東京の世界的知名度と〇九年度までに四千億円の基金を積み立てる強い財政基盤を支持した。

<中略>

■首都級

 一六年夏季五輪にはサンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴのいずれかで最大のライバルになるに違いないと目される米国の都市、南米初の五輪開催を目指すリオデジャネイロ、二大会連続のマドリード、同じアジアのニューデリーなどが立候補の動きを見せている。国内と異なり、首都級が居並ぶ中で、都市力を強調するだけでは勝ち抜けないのは明らかだ。

 招致レースを勝ち抜くポイントを、国際オリンピック委員会(IOC)委員の岡野俊一郎JOC理事は、ブレア首相が最終プレゼン会場で熱心にロビー活動に取り組み、一二年五輪の招致に成功したロンドンのように「国を巻き込むナショナルプロジェクトにしていくことが必要」と指摘。さらに「きょうの東京のプレゼンではだめ。国際的な視点がない。計画をどうアピールするかも大事だ」と言う。

 JOCゴールドプラン専門委員を務める原田宗彦早大教授(スポーツ経営学)は「五輪招致競争は都市の見本市。いかに魅力ある『商品』として売り込めるか、目玉をつくれるかが大事だ」と説く。そのためにも「『なぜ東京で五輪をやるのか』。そのことを議論する時間は決して無駄ではない」と語る。

« Abe式・再チャレンジプラン | トップページ | ブッシュVS金 ヤミ取引成立? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133195/3281326

この記事へのトラックバック一覧です: 負け戦さ あえて立候補:

« Abe式・再チャレンジプラン | トップページ | ブッシュVS金 ヤミ取引成立? »